458-0830  愛知県名古屋市緑区姥子山1−608        院長  広瀬 聡
土用の丑の日
 今日は土用の丑の日です
個人的にはちょっと苦手なうなぎなんですが・・・・・
さて、なぜこの夏土用の最初の丑の日にうなぎを食べるようになったのか調べてみると、暑さが厳しく夏ばてしやすい時期で精が付くようにと習慣になったとか、夏場にうなぎが売れなくて幕末の学者、平賀源内によって土用の丑の日にうなぎを食べるようになったなど言われています。
夏の“土用丑”はその年によって2回あったりしますが、今年は“二の丑”はないようです
うなぎの栄養成分は他の食品と比べるとかなり高い値を示すものが多いです。
DHA(脳細胞の働きをよくする)やEPA(血管や血液に関する病気の予防に効果あり)、ビタミンA(レチノール)、ビタミンB1、B2、D、E、カルシウムはその代表的なものだと言えます。
蒲焼にした時のカロリーは100g当り300kcalほどですが、1尾食べるともっとカロリーを多くとってしまいますね 栄養価が高く、おいしいからといって食べすぎには注意ですうなぎに限らず夏バテしないためにもいろんな食品から栄養バランスを整えて、暑い夏を元気に乗りきりましょう
管理栄養士より