458-0830  愛知県名古屋市緑区姥子山1−608        院長  広瀬 聡
秋鮭
 この週末は天気もよく、絶好の行楽日和りで3連休はどこかへお出かけされた方も多いのではないでしょうか
秋の味覚といえば、さんまやまつたけ、秋ナス、栗、柿などいろいろ思い浮かびますが今日は秋鮭についてお話します。
産卵のため秋に川に戻ってくる白サケは「秋味(アキアジ)」とも呼ばれていて、その名のとおり秋が旬の味覚
10月くらいのものは、卵を持ちながらも身に脂が乗っていて丁度いいらしいですよ
選び方は
切り身なら色で見分けるとよいでしょう白鮭の身は白っぽいピンク色、銀鮭の身は薄い紅色、紅鮭の身は濃い紅色、キングサーモンは紅鮭よりも薄い紅色がおすすめ
また、身がしまり弾力があって、皮と身が離れていないものを選びましょう
栄養は
特徴的な栄養素はビタミンB群B1、ナイアシン、B6、B12、アスタキサンチン、ビタミンD、DHA,EPAなどです。ビタミンBはエネルギーやタンパク質の代謝をします。
ビタミンDはカルシウムの吸着を助けますアスタキサンチンはポリフェノールの一種で、ビタミンEの200倍の抗酸化力で体内の細胞を守ってくれます。DHAとEPAは血液をきれいにする効果、コレステロール低下作用、血圧降下作用、脳の機能を高めるなどの効果があります
おいしい秋の味覚には栄養価も高いんです。たくさん食べたら、しっかり運動して秋を満喫しましょう



管理栄養士より