458-0830  愛知県名古屋市緑区姥子山1−608        院長  広瀬 聡
秋バテ
 今日の名古屋の最高気温は28度とまだまだ残暑厳しい日が続き、明日は30度予想となってます。暑いのが苦手な私は早く冬になってほしいと願うばかりです。
街を歩く人の服装を見ると半袖の方も多く見かけます。明日からは10月で衣替えですし、そろそろ長袖の洋服を着ないと〜と思いつつ、暑がりなので当分は半袖で過ごす予定です。
そしてこの時期、夏場の冷房による冷えが自律神経を乱し、秋口に不調が現れることもあります。また、節電のための暑さ対策による「冷房冷え」、冷たいものの撮りすぎによる「内臓冷え」も新型「秋バテ」増加の要因となっています。
特に運動不足や生活が不規則だったりする人はご用心血行の悪い人は、体温調節の働きが悪くなり、気温が下がることに体が対応できず、秋バテしやすいのです。
対処方法としては、なるべく体を冷やさないということで、エアコンの効いた室内では1枚上着を羽織ったり、冷たい飲み物・食べ物なんかは避けるべきですね。昼間なら、活動するときに働く交感神経が活発になるので、カフェインの含まれたコーヒーや緑茶を飲んでだるさを和らぐのもいいでしょう。血行をよくするために両手足のプルプル運動や、指先を反対側の指で挟んで押して刺激してみるのも良いですよ。
また、疲労感は、血液中の鉄分と結びつき、血液を通じて体中に運ばれる酸素の不足からも生じます。体中に行き渡る酸素量を減らさないためにも鉄分の摂取は大事」です。
主食+主菜+副菜とバランスの良い食事を3食できちんと食べる生活習慣を心がけてくださいね。


管理栄養士より