458-0830  愛知県名古屋市緑区姥子山1−608        院長  広瀬 聡
免疫力アップのすすめ 食事について

広瀬内科クリニック 管理栄養士の岩崎です。

 

食と健康に関わる情報をお伝えしています。

さて、前回のブログの続き、免疫力をアップするには第2弾です。

 

3つのポイントについてお伝えしましたね。

おさらいすると

.丱薀鵐垢領匹た事、でも食べ過ぎは禁物

適度な運動

自分流のストレス解消法

 

今日は,砲弔い鴇椶靴説明していきます。

 

■.丱薀鵐垢領匹た事、でも食べ過ぎは禁物

◇肉や魚、卵、大豆食品は1食1品食べる

からだつくりに欠かせないタンパク質を含みます。もちろん免疫細胞を作り出す材料でもあります。不足してしまうと、からだの筋肉を削って修復しようとします。毎日、食品から摂りましょう。

 

◇緑の濃い野菜や黄色、赤などカラフル野菜を

例えば、小松菜、ほうれん草やかぼちゃ、にんじんなどの野菜には、のどの粘膜や皮膚を丈夫に保ったり、血流をよくする栄養素を含みます。また、抗酸化作用といって、からだの老化も防ぐスーパーフードでもあります。食卓を彩り豊かにしてみましょう。

 

◇からだを温める食べ物

ねぎや大根、にら、生姜、にんにく、玉ねぎなどはからだを温めます。お鍋にしたり、スープ料理も野菜から流れた栄養を全部食べることができますね。からだを温める食材を温かい調理で食べましょう。

 

◇発酵食品を取り入れる

味噌や納豆、ぬか漬け、しょうゆ、酢などの発酵食品は、腸内の善玉菌を増やし、働きを活発にしたり、また、腸の粘膜を保護する効果もあります。腸が元気なら、ウイルスもすぐに退治されますよ。

 

◇食べ過ぎは禁物

宴会シーズンも到来して、つい食べ過ぎちゃうなんてこともあるかもしれませんね。でも、食べ過ぎると消化機能、胃腸に大きな負担となります。腹八分目という言葉、いつも意識してくださいね。

 

今日は、免疫力と食についてでした。

次回は、運動についてお伝えします。

管理栄養士より